はじめて切手買取マガジン

はじめて切手を売る時の不安を払拭

切手買取のサービスを利用する機会なんて、人生にそんなに何回も訪れるわけではありません。それこそ「コレクション」している切手や、「形見分け」などで切手収集家だったおじいちゃんやおばあちゃんなどの遺品をゆずってもらった場合などはほんとに特殊なケースです。そう、特殊だから、手放すときも大事にしてれる方に譲ったり、売りたい。このサイトを見て、はじめて切手を売る人のヒントになれば、嬉しいです。

折れている切手は切手買取で注意せよ!

切手買取では、切手の折れ曲がりはマイナスポイントになります。切手買取では、査定の際に切手の状態は見られる事になります。状態がきれいな切手の方が、切手の買取金額は高めになる傾向があります。 では切手が折れてしまっているとどうなるかと言うと、業者によっては買取をお断りされてしまう場合があります。しかし中にはそのような切手でも買い取ってくれる業者はあります。ただし査定ではマイナスポイントとなり、切手の買取金額の減額が発生します。特に状態に問題がない切手の場合は買取金額は500円ですが、状態に問題がある切手は減額されてしまうので200円などの具合です。切手の折れの有無は、買取金額に影響を及ぼすという訳です。

切手買取!品目別にみる切手:中宮寺菩薩像

切手買取りに出す時、買取に出そうとしている切手の種類や状態などにより査定評価は変わります。

また、切手にはそれぞれ価値があり、切手の種類などを知っておくことで、その切手の価値を事前に知る事も出来ます。 例えば、中宮寺菩薩像と呼ばれる切手が在ります。

実は、この切手には幾つかの種類があり、年代や発行枚数などにより切手買取りの価値も変わるのです。

中宮寺菩薩像の昭和透かしなしは、1951年から1952年に発行されたもので、額面の50と言う数字の後には「00」と言う数字が明記されています。 また、同じ図案で、1952年以降に発行されたものは、この「00」と言う表記は無くなり、1967年に発行開始となったものは、図案の色合いが従来とは異なるなど、同じ中宮寺菩薩像の切手には幾つかの種類があるのです。